このサイトについて

サイトポリシー

  1. 本サイトは、東京国立近代美術館フィルムセンターが運営しています。
  2. 本サイトは、日本でアニメーション映画が誕生したとされる1917年から100年目に当たる2017年を記念して開設され、2017年末までを目途に試験的に運用されています。
  3. 本サイトは、平成28年度「文化芸術振興費補助金(美術館・歴史博物館重点分野推進支援事業)」の「映画におけるデジタル保存・活用に関する調査研究(BDCプロジェクト)」のもと、デジタル化や保存技術に関わる実践的な調査研究ならびにコレクション公開の新たな方法を試みるための調査研究の成果として、国立情報学研究所(NII)と共同で構築されたものです。フィルムセンターの保存する日本の初期アニメーションに関するコレクションがより多くの人の目に触れ、広く共有されることで、歴史・文化への興味や発見の楽しみ、新たな創造への貢献が促されることを期待しています。
  4. 本サイトは、著作権、商標、免責事項について、東京国立近代美術館のサイトポリシーに従っています。
    http://www.momat.go.jp/ge/sitepolicy/
  5. 提供されている動画は、すべてフィルムセンター所蔵のフィルムからデジタル化されたものです。また、その中には、現在ふさわしくない用語や表現が含まれているものや、不完全なかたちでしか残っていないものもありますが、歴史的かつ文化的な映像遺産としての意義を重視し、改変などは施さず公開しています。
  6. 「大藤信郎記念館」は2010年にフィルムセンターで開催された企画展「アニメーションの先駆者 大藤信郎」をもとに構成されています。公開されている資料はフィルムセンターが所蔵する「大藤信郎コレクション」の一部です。
  7. 当サイトのコンテンツ(動画、画像、テキストなど)は、著作権法の私的利用の範囲内で利用することができます。また、教育目的の利用に関しては、学校その他の教育機関(営利を目的として設 置されているものを除く)で授業を行う者が、専ら当該授業に使用することを目的として使用することができます。
  8. 本サイトへのリンクは自由に行っていただいて構いませんが、商業目的の利用はご遠慮ください。
    (バナーは下記をご使用ください)
    日本アニメーション映画クラシックスバナー_468_60
    日本アニメーション映画クラシックスバナー_320_50
    日本アニメーション映画クラシックスバナー_300_250

ご利用環境

本サイトを快適にご利用いただくために、以下の環境を推奨いたします。

OS
  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows 10
  • Mac OS X 10.10以降
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 10.0 以降
  • Google Chrome 最新版
  • Firefox 最新版
  • Safari 8

・Internet Explorerでの動画の再生について

Windows7でInternet Explorerをお使いの場合は、 動画再生にAdobe Flash Playerが必要です。 再生できない場合はこちらもご参照ください。

・eReading の推奨動作環境

画面レイアウトはPC向けに最適化しています。スマートフォン、タブレット端末でご利用の場合は、画面のレイアウトが崩れる場合がございます。

OS
  • Windows 7
  • Windows 8.1
  • Windows 10
  • Mac OS X 10.10以降
ブラウザ
  • Microsoft Internet Explorer 10.0 以降
  • Google Chrome 最新版
  • Firefox 最新版
  • Safari 8
画面解像度
1600px×1200px以上

「eReading」の使い方

「大藤信郎記念館 ― 資料室」にある画像の上に本のマーク 本のマーク の表示がある作品は、eReadingを利用 して、パソコンのブラウザで台本や画像を見ることができます。

下記の画像のボタンの機能をご確認ください。

eReadingの使い方
  1. [ 三角形のボタン] ページを移動することができます。
    • 縦書きのものは、左のボタン[◀]で次のページへ進みます。
    • 横書きのものは、右のボタン[▶]で次のページへ進みます。
  2. [+]は拡大、[-]は縮小ボタンです。表示の拡大縮小ができます。
  3. ページ全体を表示します
    • キーボードの左右の矢印キーでもページを移動することができます。
    • 縮小ボタンを押し続けると、ページを並べてみることができます。