難船ス物語 第壱篇 猿ヶ嶋

この作品は現在視聴することができません。

映画題名 難船ス物語 第壱篇 猿ヶ嶋
映画題名ヨミ ナンセンスモノガタリダイイッペンサルガシマ
英語題名 Nonsense Story, Vol.1:Monkey Island
製作年月日 1930年
作家名 政岡憲三
時間(分) 24
サウンド サイレント
カラーの種類 白黒
ストーリー
作品解説 難破船から投げ出された人間の赤ん坊は、流れ着いた猿の島で、猿として育てられることになるが…。続篇として『難船ス物語 第二篇 海賊船(海の冒険)』が製作された。
製作会社 日活(太秦漫画映画部)
配給会社 日活
配給年月日
クレジット 監督 漫画製作:政岡憲三
クレジット スタッフ、キャスト等 原作 脚色:清水秀雄 操作 撮影:葮屋映治 漫画助手:島森卓二、原田誠一、熊川正雄
字幕採録 T1「難船ス物語 第壱篇 猿ヶ嶋」、T2「原作脚色 清水秀雄 操作撮影 葮屋映治 漫画助手 島森卓二 原田誠一 熊川正雄」、T3「漫画製作 政岡憲三」、T4「嵐だ」、T5「“長老様 この猿には尾がありませぬ”」、T6「“昔は我々も尾がなかツたものじや”」、T7「“ツまり我々の祖先なのだから母猿に云ツて育てさせろ”」、T8「“この珍らしい動物を育てよとの長老様の仰せだ”」、T9「“お乳が無くなツた はやく実をとツておくれ”」、T10「“むかふの小山まで競走しやうか”」、T11「“下等動物のくせにとんでもない事をする奴だ”」、T12「 “シツポの生えるまで皆と遊ぶ事はならぬ”」、T13「“白猿だ!!”」、T14「?」、T15 「難船ス物語 第壱篇 猿ヶ島 終」。
検閲番号等 内務省検閲番号:F4352(1931年4月21日)
参考文献
フィルム映写速度 18fps
フィルム履歴 文部省所蔵35mmナイトレートポジ→NFC所蔵35mmインターネガ→35mmポジ作製
フィルム完全度 完全
備考
参考リンク

この作品は現在視聴することができません。

関連カテゴリ

主なキャラクター